Home > イタリアンレシピ > パスタいろいろ

パスタいろいろ

イタリアといえばパスタ、そのパスタにも幾つかの区分があります。
大きく分けるとすると、長いパスタ、短いパスタ、ブロードやポタージュに 浮かべるパスティーナと呼ばれる小さい細かいパスタ、トルテリーニや ラビオリの様に詰め物をしたパスタ、日本のすいとんの様なニョッキなどです。
そしてこれらは、乾燥させたものと、作りたてのフレスカ(新鮮な)に 分かれます。

有名なイタリアのデザイナーが頭をひねって、いかに効率よくソースが 絡まるかを考え作り出された斬新な形のパスタなど 全ては、ソースとの相性で、どのパスタをどのソースで食べるかが 決まっています。
皆さんがお料理する時は、おおむね本に書いてある パスタを使ったほうが無難です。
それでも人によっては短いパスタが好き、長いパスタが好きと 人それぞれですから、お好きなパスタを楽しんでください。

余り日本人になじみのないパスティーナは 忙しい時など、固形ブイヨンをお湯に溶かしてそこで一握りのパスティーナを 茹で、出来上がったものにパルメザンチーズをたくさん振りかけて食べると 簡単でとっても美味しいスープが出来上がります。
ちなみにイタリア人の 病人食でもあります。
是非お試しください。