Home > 写真集 > シチリア珠玉の世界遺産 

シチリア珠玉の世界遺産 

Siracusaシラクーサ

シラクーサは2005年にユネスコの世界遺産に登録されました。

紀元前8世紀にギリシャ人植民地が建設されたシラクーサは、当時キケロが「最も偉大で美しいギリシャ都市」と賞賛したように繁栄をみせました。

ネアポリス考古学公園には、ギリシャ劇場、ローマ劇場など当時の遺跡や天国の石切り場と言われる採石場跡があります。

後に教会に改修されたアテネ神殿跡がみられるドゥオーモやアポロ神殿など、その後次々とシチリア島を支配した文明と歴史の跡が数多く残っています。

ギリシャ劇場はかつて古代ギリシアで建造されてものとしては最大規模です。今でも現役で使われています。

動画に使用した音楽「青い猫」written by Ryo Lion

《参加者のコメント》

ドゥオモ広場は建物と同じ色の石が敷き詰められ、まるで建物と一体になってるような美しさでした。ファザードの派手さとは反対に内部は古い神殿の柱を利用した地味な作り、古いものを大切にするイタリア人の心を見たようでした。

ネアポリス考古学公園のギリシャ劇場の大きさには驚きました。劇場の客席の最上部には穴の空いた岩があり大きな音を立てて水が流れでていましたが、一体何の目的でそこに水が流れ出しているのか謎でした。

のちに知ったのだが、太宰治の『走れメロス』に描かれた「純朴な羊飼いの青年メロスは、妹の結婚のために必要な品々を買い求めにシラクスの町を訪れたが、」の「シラクス」はシラクーサのことだそうです。もともとギリシャ神話とシラーの詩を題材に描かれた話だったので、太宰治がこの地に足を運んだ訳ではないのでしょうね。