Home > イタリアの地図 > カラブリア州

カラブリア州

カラブリアはイタリアのブーツの一番下にあります。チレニア海とイオニア海の間にあるイタリア半島。800qに及ぶの沿岸にもかかわらず、漁師より農民の土地です。
3つの山(ポッリーノ、シラ、アスプロモンテ)と地中海にはさまれたカラブリアは、 緑豊かな森林、豊富な湧き水、ハーブ、そして湖がたくさんあります。

まさにこの山や森の中に、貴重な宝がいっぱいあるのです。それはまだ多くの人に知られていません。なぜ知られていないかと言うと、今までカラブリアはシシリー島へ渡る通過点として、そして、海のバカンスを過ごす所としか思われていなかったからです。

中世時代の村は、 しばしば中近東のアラブ諸国の攻撃に対するために、海に面する岩肌にはめ込むようにつくられてました。今も季節従ってかわる景色の良い場所にあり、とても安らぐ事が出来るのです。

古代ギリシャ時代のマニア・グレチャ(magna greacia)と5世紀に渡り生き残ったローマ帝国の歴史や美術もまだたくさん残っています。

料理にがっかりさせられる事は絶対にありません。何時でも新鮮で、昔ながらの「味と知識」を守り、そして支配の歴史の繰り返しによる外からの違った味とのミックスが成功しているのです。

「自然」も忘れてはいけません。自然が好きな人が何度やって来ても、その驚くほどの美しさに感嘆するのです。

食料品関係の話は永遠に続きます。 トロペアの赤くて甘い玉ねぎ、ロゼート・カポスリコのレモン、ディアマンテの cedro、コゼンツァ県のイチジク、そしてカラブリア州の特産 agrumeベルガモット。これは、全ての香の元となります。名ブランドの香水が、ベルガモットの皮からでるジュースを原料として使います。まだまだ、話続けます。。。サラチェーナの甘口のモスカット・ワイン、シッラのカジキマグロ、バニアーラのtorrone。何千年の歴史のあるワイン「チロ」もカラブリア州のものです。

カラブリア州を訪ねる時は、歴史、食事、自然、文化、祭りを中心にして、訪ねてください。一つの旅で、全てを堪能できる場所は、イタリアにはたくさんがあります。その一つは カラブリア州になります。

これ以上の情報を知りたい場合は、気軽に、 info@full-italian-support.com までお問い合わせ下さい。

国立公園

※画像をクリックするとGoogleMap
で詳細な地図を表示します。

@【シーラ国立公園】
シーラ国立公園は、イタリアで最も美しい国立公園です。北にあるのが、標高 1925mのボ ッテ・ドナト山(Botte Donato)を中心に広がる、「シーラ グランデ(Sila Grande)」。松の森やブナの森では、日の光が葉にきらめき、カテドラルを思わせる雰囲気が漂っています。ここの特徴は、動物の種類が多いこと。イノシシ、アカリス、オオカミ、ノロ、トビなどといった、様々な動物が生息しています。そこから少し南に下がった位置にあるのが、「シーラ ピッコラ(Sila Piccola)」。ここは風景の美しさが印象的。

A【ポッリーノ国立公園】
隣のバジリカータ州と州境に位置する国立公園。カラブロ・ルカーノ(Calabro Lucano) 園とも呼ばれる。

B【アスプロモンテ国立公園】
カラブリア州のつま先部分、レッジョ カラブリアからすぐに内陸に入った場所に位置する国立公園。

C【コルトーネ海洋保護地区】
その豊富な自然遺産、生育する貴重な海洋植物を守るため、進入が一部制限されている保護地区。地区内の水族館では貴重な自然環境を目にすることができます。

D【セッレ国立公園】
貴重なチョウ類や、多くの動植物を楽しむことができます。

温泉 Terme in Calabria

E【アントニミーナ・テルメ/Antonimina Terme】
泉質・効能:婦人科、気管支系など。
期間:6月〜11月末

F【ガラートロ/Galatro】
泉質・効能:硫黄系。リュウマチ、関節炎、関節痛、皮膚病など。
期間:5月〜12月

G【カッサーノ・アッロ・イオニオ/Cassano allo Ionio】
泉質・効能:硫黄、炭酸系。リュウマチ、関節炎、気管支炎など。

H【スペッツァーノ・アルバネーゼ・テルメ/SpezzanoAlbaneseTerme】
泉質・効能:胃炎、消化器系など。

I【ルイジアーネ/TermeLuigiane】
泉質・効能:硫黄系。リュウマチ、気管支炎など
期間:通年

J【チェルキアーラ・ディ・カラーブリア/Cerchiara di Calabria】天然洞窟に湧く温泉を利用したプール
泉質・効能:硫黄系。リュウマチ、皮膚病など/p>

K【テルメ・カロンテ/TermeCaronte】
泉質・効能:硫黄系。リュウマチ、関節炎、気管支炎、皮膚病など。

美しい村

 「イタリアで最も美しい村」連合に登録されている村。
フランスで始まった、歴史的財産などの地域の特色を観光資源として付加価値を高め、小規模な農村を保護する運動を広めるためにネットワーク化を図り、研究の場、情報交換の場、協同してプロモーション、コミュニケーションを行う場として連合が設立された。

L【モラーノ・カーラブロ/Morano Clabro 】コゼンツァ県

M【アルトモンテ/Altomonte】コゼンツァ県

N【フィウメフレッド・ブルーツィオ/Fiumefreddo Bruzio 】コゼンツァ県

O【サンタ・セヴェリーナ/Santa Severina】クロトーネ県

P【スティーロ/Stilo】レッジョ・カラブリア 県

Q【ジェラーチェ/Gerace】レッジョ・カラブリア県

R【キアナレア・デ・シッラ/Chianalea di Scilla】レッジョ・カラブリア県

S【ボーヴァ/Bova】レッジョ・カラブリア県