Home > イタリアの12ヶ月 > カンポ広場が競馬場に?!地区の絆を深めるパリオの祭り

イタリアの12ヶ月

カンポ広場が競馬場に?!地区の絆を深めるパリオの祭り

イタリア中部トスカーナ州の古都シエナ。教皇派と皇帝派が覇を競っていた中世には、フィレンツェとの争いに勝利した時代もあったのですが、ペストの流行などにより衰退してしまったという歴史ある街です。 この街で、毎年7月2日と8月16日に、パリオと呼ばれる裸馬競馬が行われます。

街には、17のコントラーダと呼ばれる地区があり、それぞれがユニークなシンボルを持っています。 たとえば、ヤマアラシ、ドラゴン、カメ…芋虫なんてのもあります。 それを旗印に、地区ごとに、選ばれた馬に祈りをささげたり、地区のみんなが揃って食事をとったりして、前夜祭は盛り上がります。 また、祭りに先駆けて、世界遺産の広場には土が運び込まれ、にわか仕立ての競馬場に早変わり。 祭りの当日まで、馬は各地区で大切に保管され、特にライバルが近づくことを極端に嫌います。 実際に走るのは17の地区から選ばれた10頭の裸馬と、それぞれの地区で契約した騎手。 ただし、レースの途中で騎手が落馬しても、とにかく一着になった馬が優勝なのです。

この競馬の見どころは、スタートのその一瞬。出場する馬が、進行役のアナウンスに促されてスタートラインに並ぶのですが、そのタイミングが、とても絶妙なのです。 ライバル同士の地区が、邪魔をしたりする駆け引きがあって、地元の人は、それがこの祭りの楽しさ・・・といいます。 とにかく一斉にスタートするまでに、何度もやり直しをするのが恒例のようです。

ようやくスタートすれば、あとは、競馬のあの雰囲気そのもの。 自分が応援する馬に、地区の旗を振りかざして限りない声援を送り、レースを見守るのです。 ゴールの瞬間、優勝した地区の人々は一斉に馬に駆け寄り、優勝の旗をもらい、その旗を掲げて地区に戻り、夜は文字通りお祭り騒ぎ・・・そして翌日も、シエナの街中を、パレードしたりと盛り上がるのです。 そして、街は、静かになる・・・と思ったら大間違い。 このパリオの翌日から、もう来年のパリオに向けて、地区ごとに作戦を練り、戦いが始まっているのでした。

ちなみに、シエナの街の人の間では、ライバルの地区に住んでいる人を恋人にはしないとか!? それほどまでにこのパリオは、それぞれの地区の絆を深くしているのです。